スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -
アルファードはキープコンセプト
Entry: main  << >>

アルファードはキープコンセプト

アルファードってトヨタのミニバン、いつの間にか新型にモデルチェンジしていたんだね。なんとなくデザインが違うと思ったら、モデルチェンジしてた。

その前はクラウンのモデルチェンジがあったけれど、アルファード ANH GGHもそれと同じようにキープコンセプト。

トヨタはここ数年、それまでの車種を整理してるでしょ。スポーツ系はスープラもMR−Sもなくなったし、レビン・トレノも消えて行った。

セダンだとコロナって名前がなくなってエクシブになったり、ミニバンて言うわけじゃないけどコンパクトのファンカーゴもなくなったし。

なんとなく最近はトヨタっていうと車種の刷新ばかりに目が行っていたけれど、高級車は徐々に定番化が始まったのかな。

まあやっとアルファード ANH GGHとエスティマがそろった感じで、そこにヴェルファイアが加わり高級ミニバンはそろい踏み。

その下のノア・ボクシィもキープコンセプトで新しくなって、ミニバン路線は充実してる。だけどちょっとその間がない感じなんだけどね。

昔でいうところの子エスティマみたいな車種、アルファードとノアの間に来るようなものが欲しい感じがする。そもそもTCRだけにしか、子エスティマがなかったのも寂しいし。

それにしても最近のトヨタは変わり身も早く、なくなっていった車種が多かったよね。その中でアルファードは生き残り、量産メーカーだけに売れてなんぼを実感。

一時はモデルチェンジごとにデザイン一新が多かったけど、やっとここへきて車種別のデザインが保たれるようになったのかもしれないよね。

アルファードの成功は日本のミニバンブームが定番になった証で、今後につながるもののはず。次回もまたキープコンセプトでデザインされるのか、ちょっと気になるところだね。

JUGEMテーマ:車/バイク
15:20 | トヨタ
スポンサーサイト

スポンサーサイト

15:20 | -

|