スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -
新型クラウン情報
Entry: main  << >>

新型クラウン情報

新型クラウンがいよいよ発売されるけど、ゼロクラウンのキープコンセプトデザインで進化するみたいだね。

トヨタのクラウンは次の新型で13代目となるんだけど、今となってはかなり貴重な存在。なにせコロナ等の古い車種って、みんな名前が消えてるじゃない。

それを考えると新型クラウンの持つ意味は大きいし、ライバルの日産がセドリックとグロリアをフーガに下のとは大違いだよね。

さて気になる新型クラウンだけど、ゼロクラウンに比べると気持ち大きくなる。それと顔つきがややいかついというか、ちょっと日産を意識したような顔つき。

どうもクラウンはおじさんクルマのイメージが強かったけど、今度の新型はより都会的な若者好みになったのかな。

新型クラウンはライバルはベンツやBMWになるわけだし、ある意味でトヨタの販売店にしてみればレクサスだってライバル。

いわゆる団塊世代がリタイヤして高級車需要は増えてるし、若い世代でも本物志向が浸透しだしてるでしょ。

どうやらそれを意識したデザインで、輸入車に負けない立派さがポイントでもあるんだろうね。

さて気になる新型クラウンのスペックは、エンジンが215ps/26.5kg-mの2.5リッター、256ps/32.0kg-mの3リッター、315ps/38.4kg-mの3.5リッター。

トランスミッションは、「駆動力統合制御システム」の6速AT。そして注目なのはレクサスGS450hと同じシステムを流用したハイブリッドモデルが新型クラウンのラインナップに加わること。

新型クラウンはガソリンエンジンの燃費も向上するけど、さらに長距離を乗る人にとってはハイブリッドモデルは注目。追加モデルなので、発売が待ち遠しいけどね。

JUGEMテーマ:車/バイク
16:09 | トヨタ
スポンサーサイト

スポンサーサイト

16:09 | -

|